• トップ

賃貸契約時の確認しておきたい事

家探しの契約締結の注意点

家探しは、契約を読むことが大切

家探しは、賃貸の場合でも住居は毎月定額の支払いであることに加えて金額の面でも生活支出の中で大きな割合を占め、購入の場合は、多くの人にとっては年収の数倍にもあたる高額な取引です。そのため、取引を経験する機会も限られていますが、”知らなかった”で後悔することがないように、契約を結ぶ際の注意点を事前に知っておくと安心です。 まず、家探しの契約では、売り手と買い手がよく知った親族同士など、限られた例外を除いて、契約にあたっては不動産会社から購入するか、不動産会社の媒介(=仲介)を受けることがトラブル防止に有効です。 不動産会社には宅地建物取引士という資格を持った専門家がいて、法律で定める注意点を説明することが義務付けられていて、これを重要事項説明といいます。 重要事項説明に不備があると、契約が成立しないこともあるほど重要な手続きなので、家探しの最終チェックポイントといっても過言ではありません。 重要事項説明は最終段階ですが、契約締結に先立って申し込みが必要です。 申し込みは、物件が気に入った意思表示をして、他者への紹介を一旦停止し、優先権を得るための手続きですが、この段階での注意点は、万一の解約(ローンなど、資金調達ができない場合を含む)の際に、違約金が発生するタイミングと金額についても確認しておくと安心です。

バックナンバー

家探しの有益情報

新着情報

↑PAGE TOP